人気ブログランキング


↑ ↑ ↑ ☆応援クリックお願いします(*‘∀‘)



おはようございます!キケンジです。(*´ω`)✨


甚大な被害をもたらしました、大阪市の火災。
亡くなられた方の、ご冥福をお祈り申し上げます。

被害が大きくなった要因のひとつに、避難経路が一方向しかなかったと聞きます。
通常、避難経路は二方向(二通り)設定されることが、義務付けられています。

ひとつは、日常行き来する階段などでの共用部からの脱出。
もうひとつは、避難はしごなどで建物から脱出するルート。

どちらからが進めなかった場合、もうひと経路から脱出を図らなくてはなりません。
歌舞伎町雑居ビル火災の際も、避難経路が階段しかないにも関わらず、
荷物がおかれ通れなかったり、防火扉が作動しなかったりと、
日ごろの防犯意識が、万が一の際にとてつもない事態を招くことになります。


20211222_085718


こういった災害を防止するためにも、
防火管理者の設置が義務付けられています。

中には、消防署からの再三の通告にも関わらず、
指摘箇所を、まったく是正しない不動産投資家の方もいらっしゃるようですが。

では、こういった消防設備の点検・設置がされなかった場合、
どうなりますでしょうか。

やはり、罰則規定があります。

初めのうちは、30万円以下の罰金・拘留となっていますが、
所有者の過失が認められるケースには、禁固刑が定められています。

事実、建物所有者はもちろんのこと、
建物を管理する管理会社へも、罪は同等に裁かれます。

知らなかったや、分からなかったでは済まされない、防火管理。

不審火が多く、ちょっとの火元で大きくなるこの時期。
いざという時の避難訓練や、避難場所の確認は、要チェックですね。

それでは、また!!

↓ ↓ ↓ ☆応援クリックお願いします(*‘∀‘)